子育てサイエンス研究ブログ

育児について日々研究

おむつ大好きな3歳の息子が3日間でトイレトレーニングを成功させた方法

スポンサーリンク

【トイレの悩み】おむつへのこだわりが強い3歳の男の子が、3日間でトイレトレーニングを成功

おむつへのこだわりが強い3歳の息子が、3日間でトイレトレーニングを成功

 < 今回のお悩み >

  • もう3歳なのにオムツをはいている。

  • トイレトレーニングを始めたいのに子どもが嫌がる。

  • トイレトレーニングがうまくいかない。

  • パンツをはかせても、失敗(おもらし)ばかりする。

↑トイレトレーニングを始めた、またはこれから始める親御さんに良くある悩みですよね。

そんなときは、子どもが選んだパンツを買えば良いんです!
うちの息子はそれでトイレトレーニングを3日間で終了しました。

 

こんにちは。3歳の男の子をワンオペで育てている、ゆうちゃんママです。

先月、長い期間おむつにこだわっていた息子が、ついにパンツをはくようになりました。しかも、パンツをはかせてから3日間で完璧にトイレで排泄できるようになりました

 一体どうしたのかというと、

1日目:パンツを買った。

2日目:1回だけ失敗した。

3日目以降:まったく失敗せず、トイレで排泄できるようになった。

…という流れでした。

 ただし、実はこの3日間の前に、2歳になる頃からずっとトイレトレーニングを始めたいと試みながらも、なかなか息子のオムツへのこだわりが強く、トイレトレーニングに取り組めなかったという経緯があります。

 まあ、息子はすでに3歳2ヵ月になっておりましたので、世間的には遅い方だとは思いますが、息子と同じようなお子さんがいらっしゃるご家庭には少しでも参考になるかと思い、うちの息子のケースをご紹介させていただきます。

 

 

スポンサーリンク
 

 

おまるではトレーニングにならなかった

2歳になる頃から息子は保育園では、おまるに座るようになっていました。

保育園のおむつ替えコーナーの隣におまるが置いてあって、誰でも自由に座れるようになっていました。

息子はおまるを気に入ったようで、いつの間にか、おしっこを1日に何回かはおまるでするようになっていました。

この時は「これなら、すぐにおむつが取れるかも知れない」と楽観的でいました。

 

しかし、おまるとトイレは別物でした。

 

おまるは息子の可愛いおしりにぴったりフィットしますし、自分で乗り降りできますし、地面に足がついたままですし、いつものよく知っている部屋の中なので安心できます。

しかし、トイレは当時の息子からすると、穴があって落ちそうで怖いし、大きくて自分で乗り降りできないし、足が届かないので座り心地は悪いし、家の中だけどほとんど来たことない知らない場所だし、戸惑いしかありませんでした。

結局、おまるでおしっこできてもトイレトレーニングとは全く関係ありませんでした(うちの息子の場合)。

 

補助便座を買ったものの…

息子が少しでもトイレに座りやすくなるように補助便座を買いました。

息子が好きなアンパンマンの補助便座です。↓これです。

アガツマ アンパンマン 2WAY補助便座 おしゃべり付き

アガツマ アンパンマン 2WAY補助便座 おしゃべり付き

 

 おまるとセットになっているものもあったのですが、トイレで排泄することが目的なので、最初は補助便座のみのものを購入しました。

おまるとセットのものはこちら↓

アガツマ アンパンマン 5WAYおまる おしゃべり付き

アガツマ アンパンマン 5WAYおまる おしゃべり付き

 

※しかし、結局、うちの場合は後からおまるセットを買うハメになりました。

一時、息子がお風呂に入っているときに「おしっこ出る~」と毎日のように言い出す時期があって、その度に裸でトイレに駆け込むのはツラかったので おまるセットを買いました。(※おまる部分のみの販売はしていないそうです。メーカーさん、そこは改善しほしいです(泣)。)

なので、うちには同じ補助便座が2つもあります(泣)。

これから補助便座を買われるという方は最初からおまるセットを買われた方が良いかも知れません(入浴時の緊急おしっこ用に)。

 

さて、補助便座を用意したものの、息子が喜んで座ったのは最初の3回くらいだけで、結局、トイレに行くのを嫌がっていました。


やっぱり、息子からすると「おむつをはいていれば いつでも好きな時に好きな場所でおしっこできているのに、なぜ好きでもないトイレなんぞに行かなければならないのか?」という感じだったと思います。


 私としては「嫌がる息子に無理やりトイレトレーニングをして、逆にトイレ嫌いになられたら困る」と考えたので、よくあるトイレトレーニングのような時間を決めてトイレに連れて行ったり、1日に何度もトイレに連れて行ったりはしませんでした。


 しかし、補助便座はトイレの目につきやすいところに置いたままにして、息子の機嫌が良い時に「トイレに行ってみる?」「アンパンパンに座ってみる?」と 声かけだけは続けていました。

 そうする内に息子は時々ならトイレでおしっこできるようになりました。

 

保育園でのトイレトレーニングで逆にトイレ嫌いになった

 これまで息子には無理強いすることなく、ゆっくりとトイレに慣らしていこうとしていたのですが、そこに問題が発生しました。

 保育園での強制トイレトレーニングタイムが始まったのです。


 先生方が決められた時間になると有無を言わさず、子どもたち一人ひとりをトイレに座らせ、しかも、みんなの見ている前でトイレをさせられるという、息子にとっては恐怖と恥辱の経験だったのです…!!


 もちろん、この保育園のトイレトレーニングによって おむつを卒業したお子さんも少なからずいました。

 しかし、うちの息子にはまったくの逆効果でした。


 とうとう、トイレ嫌いになってしまったのです。


  「トイレ = 恥ずかしいもの」と考えるようになり、「パンツ = 恥ずかしいもの」とまで思い込むようになってしまいました。


 だから息子は「おむつをはいている自分こそが かっこいい」と考え、おむつへのこだわりが強くなりました。


 この息子の勘違いには かなり手を焼かされました。

 今の息子のお気に入りパンツに出逢えなければ、おそらく息子は今もおむつをはいていたことでしょう。

 

ごほうびシール作戦でもダメ

 トイレに行くのをこれまで以上に嫌がるようになった息子。

 なんとかしてトイレに足を向けさせるため、息子の好きなディズニーのごほうびシールを買ってみました。

銀鳥産業 ディズニー じぶんでできたよ! トイレ WD-JDTF

銀鳥産業 ディズニー じぶんでできたよ! トイレ WD-JDTF

 

 このごほうびシール作戦は4回目くらいまでは何とか成功したものの、やはり長続きしませんでした。

 息子はシールを貼ることが好きとはいえ、大嫌いなトイレに行くためのモチベーションにはなりませんでした。

 なんとかして「トイレに行ってシールを貼る」という習慣をつけさせようと、「おしっこが出なくてもシールを貼っていいよ」とか「1回しかトイレに行ってなくても、シールを2枚貼ってもいいよ」と誘ってみたのですが、どうしてもダメでした。


 もう完璧にトイレに行けるようになった今は、逆に「おしっこしたから、シール貼ってもいいよね?」とシールをねだってきます。

 ポスターの最後に貼るミッキーの王冠のシールが一番のお気に入りのようです。

 

おむつを脱がして おしり丸出し作戦

どうしてもトイレを嫌がり、おむつにこだわる息子。

そこで、夏休み中、家にいる時だけ1日2~3時間程度、おむつを脱がせて過ごさせてみました。

 すると、さすがの息子もその場で漏らすわけにはいかないので、なんとかトイレに行くようになりました。

 しかし、何回かトイレに行ったものの、やはりトイレは嫌なのか、おしっこがしたくなったら、なんと自分でおむつを棚から引っ張り出してきて、勝手におむつをはくようになってしまいました。


 お尻丸出しで遊んでいても、おしっこがしたくなったら わざわざ 自分でおむつをはきだすんですよ。

 これには もうお手上げ!って感じでした。


 しかし、この頃はうんちの場合はトイレでできるようになっていました。

やっぱり、どんなにおむつが好きとはいえ、流石にうんちだとお尻全体が汚れてしまうので、本人も気持ち悪いからでしょうね。


 そこで、不快感が強ければおしっこの場合でも おむつを嫌がるのではないか?と考え、試しに おしっこをたくさんしていても おむつを替えずに放っておいてみました(←ひどい)。

 すると、自分でおしっこたっぷりのおむつを脱いで、新しいおむつに勝手に履き替えていました(←そりゃそうか)。

 

壁に貼り付けるタイプのおまるを試した

 トイレ嫌いの息子はトイレトレーニングを始めることすらできずにいたある日、同じ保育園のお子さんが壁に貼り付けるタイプのおまるを使ってトイレトレーニングに成功したと聞いたので、さっそく購入してみました。↓これの水色を買いました。

 見た目がとっても可愛いので息子も新しいおもちゃの類だと思って大喜びしていました。

 うちの場合はお風呂場の壁に取り付けました(※裏側の吸盤で壁にくっつけられます)。

 おしっこが当たると真ん中の小さなプロペラがクルクル回るので、息子はかなり喜んでいました。

 しかし、それも最初の1回だけで、その後はなんとシャワーでプロペラに水を当てて回して遊んでいました。


 結局、このおまるでおしっこしたのは最初の1回だけでした…(泣)。

 

トレーニングパンツははきごこちが悪い

 トイレ嫌いでおむつ至上主義の息子に何とかパンツをはかせたい!

そう思い、とりあえずトレーニングパンツを買いました。

 しかし肌触りなのか、縫い目が当たるのか、パンツの履き心地が悪いらしく、嫌がって全くはいてくれませんでした(泣) 

 分厚すぎるから?サイズがぴったりなので、窮屈なのか?と考え、別のトレーニングパンツも買いました。 

 しかし、大好きなミッキーでもやっぱり嫌がってはいてくれませんでした。

 息子いわく、「(トレーニング)パンツは気持ち悪い」「おむつは痛くない」とのこと。

 親の自分では履き心地を確認できないので、なぜそこまで息子がトレーニングパンツを嫌がるのか結局よくわかりませんでした。

 

どのパンツよりもおむつがいい

 トレーニングパンツの履き心地が気に入らない息子。

 それなら、お父さん(夫)のパンツはどうだろう?

 お父さんのパンツなら大人のパンツだから、「パンツ=恥ずかしい」という気持ちもごまかせるかも知れないし、サイズはブカブカだからトレーニングパンツのような不快感もないのでは?と考え、試しにはかせてみました。


 しかし、やっぱり駄目でした。

 息子は気に入ってくれませんでした。

 

 また、息子はミニーマウスが大好きなので、私もヤケになって女の子用のミニーマウスのパンツ(※トレーニングパンツではない)を買って試してみました。 

 大好きなミニーマウスということで1度ははいてくれたのですが、その1度きりだけでした(泣)

 

 トレーニングパンツもお父さんのパンツも、大好きなミニーマウスのパンツもダメとなると、このまま息子はもうずっとパンツをはいてくれないのだろうか…?

 一体、息子はいつまでおむつをはくつもりなんだろう…?

 ってか、おむつのサイズって何歳くらいまで売ってるの?

 と、私は半ばあきらめだしていました。

 

ついに出逢えた運命のパンツ

 半ばパンツをはかせることをあきらめ出していた頃、とうとう保育園の先生に「いい加減おむつを卒業させてください」「おうちでもトイレトレーニングをしてください」と言われてしまいました。


 「いや、もうずっと やろうと試みてはいるんですけど、トイレは嫌いだし、パンツも嫌がるし、もうどうしていいか…」って感じでした。


 ですが、先生に怒られてしまったので、どうせダメだろうと思いながらも、仕方なく息子を連れて近所の子ども用品店に出かけました。

 そして、息子に「どれでも好きなパンツを買ってあげるから、どれがいい?」と聞いてみました。


 すると息子は、パンツを買うこと自体はそれほど乗り気ではないように見えましたが、小さなショベルカーや車の絵がプリントされた柄のブリーフパンツを自分で選びました

 

 結果、息子は自分で選んだパンツを嫌がらずにちゃんとはくではありませんか!!

 

 さらに、こちらから声かけしなくても、おしっこがしたくなったら自分からトイレに行くではありませんか!!

 

 パンツを選ぶとき、夫はブリーフなんてダサいからボクサーにしろと言って、同じような柄の、同じ生地で作られているボクサーパンツも買いました。

 しかし、こちらについては息子は全くはいてくれませんでした。

幼いながらに、やはり自分で選んだパンツだからこそ ちゃんとはこうという気持ちになるのでしょう。

 

 今までの苦労が嘘のように、息子はちゃんとパンツをはいてトイレに行くようになりました。失敗したのは1回だけで、車で長時間移動中していた時だけでした。

 この時、私はまったく失敗したことを責めなかったのですが(原因は車移動の際に休憩を取らなかった親側のせいなので)、息子は自分でお気に入りのパンツを汚してしまったことを悔しがっていたようで、その後は失敗しないようになりました。

 

スポンサーリンク
 

 

まとめーお気に入りパンツでトイレトレーニングをラクラク成功

 きちんとしたトイレトレーニングはもちろん大事だと思います。

 しかし、うちの子のようにトイレトレーニングのせいで逆にトイレ嫌いになったり、パンツ嫌いになってしまって、むしろおむつに執着してしまうような子どももいます。

うちの場合は子ども自身に選ばせたパンツを買うことによって万事解決しました!


結論をもう一度まとめますと、

  • もう3歳なのに、オムツをはいている。

  • トイレトレーニングを始めたいのに、子どもが嫌がる。

  • トイレトレーニングがうまくいかない。

  • パンツをはかせても、失敗(おもらし)ばかりする。

とお悩みの親御さんは是非、お子さんと一緒に子供用品店にお出かけしてみてください。

そして、パンツをお子さん自身に選ばせてあげてください。

 

このとき、お子さんが欲しがったパンツならどんなパンツでも買ってあげてください。

ダメ出しして、別のパンツにしようと促してはダメです。

 そうすることで、幼いながらもお子さん自身の自尊心が満たされ、自分で選んだパンツをはき、自分で選んだパンツを汚さないようにするために きちんとトイレで排泄するようになると思います。

 うちの息子はこうして、トイレトレーニングを3日間で終了しました。

 

今回の記事はいかがでしたでしょうか?ご参考になればうれしいです。
これからも育児に関する悩みや解決方法などの記事を書いていきます。

読者登録していただければ更新の励みになりますので、よろしくお願いします。

 

 

スポンサーリンク
 

 

スポンサーリンク