子育てサイエンス研究ブログ

育児について日々研究

おっぱいが出ない?!不安を解消する3つの方法

スポンサーリンク

母乳不足の悩み

おっぱいが出ているのか、出ていないのか、分からない!

 < 今回のお悩み >

  • 生後1~3ヵ月目で、おっぱいがちゃんと出ているのか不安

  • 赤ちゃんがおっぱいをちゃんと飲めているか心配。

  • ミルクをどれだけ足したら良いのか分からない。

 ↑のように、赤ちゃんが生まれて間もない頃は、お母さんも不安がいっぱいだったりしますよね。

こんにちは。3歳の男の子をワンオペで育てているゆうちゃんママです。
私は息子が生まれてから完全母乳育児で育ててきました。
しかし、最初のうちは苦難の連続でした。

私は、うちの息子が生まれてから3ヶ月間、特に1ヵ月目は、

自分のおっぱいがちゃんと出ているのか?
赤ちゃんはちゃんと飲めているのか?
ミルクを足さなくて大丈夫か?

と、常に不安でした。

そして、ノイローゼ手前までいきました。
1ヶ月検診が終わった2日後におっぱいの事とノイローゼが心配で、再び産婦人科にかかったほどです。

そんな当時の私が、どうやって不安を解消したのか、その3つの方法をご紹介したいと思います。

先に簡単にご紹介すると、

  1. 授乳の前と後で赤ちゃんの重さをベビースケールで計った。

  2. 搾乳器で、おっぱいがしっかり出るのを目で見て確認した。

  3. 毎日2リットルほどタンポポ茶を飲んだ。

 ↑の3つの方法で、自分のおっぱいへ不安を解消しました。

それでは、詳しくご説明していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク
 

 

生後1ヶ月~3ヶ月の間はおっぱいの出る量に自信がない時期

 出産を終えて1ヵ月~3カ月の間は、ホルモンバランスの変化の影響で、お母さんは心身共に大きく変化する時期だと思います。
 さらに、赤ちゃんが生まれたことで生活スタイルが大きく変わるのは言うまでもありません。

 そんな大変な時期に、家族をはじめとする周りの人から、

「赤ちゃんが泣くのは、おっぱいが足りてないからじゃないか?」
「ミルクをもっと飲ませた方がいいんじゃないか?」
「2週間検診で赤ちゃんの体重が減っていたのは、おっぱいが少ないからじゃないか?」

 などと心配の声をかけられると、それはお母さんにとって批難の声に聞こえます。

「ようするに、お前のおっぱいが悪いからじゃないか?」と…。

それで私はノイローゼ気味になりました。
(産後入院中に母乳の状態は良好と言われていたにもかかわらずです。)

お乳の出る量は、お母さんがストレスを感じていると更に減ってしまうと言われています。

 ですから、①おっぱいが悪いと非難される→②ストレスが溜まる→③おっぱいがさらに出にくくなる→①非難される…という、負のスパイラルに陥りやすいのです。

 しかし、できるだけ母乳で育てたいと思っていた私は、最初の1ヶ月間は時々ミルクもあげたりしながら(←夫がミルクにこだわったので)、母乳メインで育てました。

 すると、心配する必要なんて無かったほど、息子は順調に大きくなってくれていました。

 お医者さんのお話では、「生後1ヶ月の間はおっぱいの出に不安を感じるお母さんが多く、そのせいでミルクを必要以上に赤ちゃんに飲ませてしまって、1ヶ月検診の時点で赤ちゃんを肥満気味にしてしまう人が多くいる」とのこと。

 「やっぱり私は間違ってなかった!これからはおっぱいに自信を持って、母乳育児を続けていこう!」と意気込んで1ヶ月検診から帰ったものの、検診の結果を聞いたにもかかわらず、夫のミルク推しは相変わらずで、とうとう私はキレました。

そこで、夫にも「私のおっぱいはちゃんと出ている」ということを分かってもらうために、次の2つの文明の利器を用いることにしました。

 

赤ちゃんがおっぱいをどれくらい飲めているか確認する―ベビースケール

出産で病院に入院していたときは、ベビースケールを使ってどのくらい赤ちゃんがおっぱいを飲んだのか、随時ノートに書き留めていました。

そこで、家にもベビースケールを置けるように、市販されているものを探しました。

で、実際に私が購入した物がこちらです。↓

正直、もっと早く(出産前に)買っていれば良かったです。(←届くのに何日かかかったので…。) 


このベビースケールは薄くてフラットなデザインなので、赤ちゃんを載せやすいです。
スケールの上にバスタオルを何枚か敷けば、赤ちゃんも痛くありません。
また、薄いので隙間に置いておけたりして、収納にも困りませんでした。

おっぱいを飲ませる前と後に、このベビースケールに赤ちゃんを載せるだけで、これまでの不安がだいぶ解消されました。

だって、赤ちゃんがどれだけの量(グラム数)を飲んだのか、数値でわかるんですから。

おっぱいの出る量にまだ不安が残るうちは、私は毎回これで計っていました。

 

おっぱいがどれくらい出ているかを目でみて確認―搾乳器

しかし、赤ちゃんのご機嫌が悪くて暴れるときや、少し大きくなってきて自分で動き回れるようになってきた後では、ベビースケールの上でじっとしてくれず、きちんと飲んだ量を計ることが困難になってきました。


そこで、 今度は別の道具でおっぱいの出る量を確認しました。

そう、搾乳器です。

こちら↓が私が実際に購入した搾乳機です。 

メデラ 搾乳器 手動 ハーモニー Harmony 150ml 005.2058

メデラ 搾乳器 手動 ハーモニー Harmony 150ml 005.2058

 

 これは取っ手の部分を押すことで、お乳が吸い出される仕様になっています。

 赤ちゃんがお乳を吸う時と同じ原理で吸い出すようになっているので、まったく痛みを感じることなく搾乳できます。

 ちなみに、私の感想としては、手でおっぱいをつぶして絞り出すよりも、たくさんお乳を吸い出せると思います。
手で搾乳するのは痛いですし、断然こちらの搾乳機を使う方がおすすめです。


吸い出されてタンクに入ったおっぱいの量は書いてあるメモリを読めば何ミリリットルあるのかが分かります。

その結果、1回の搾乳で200ml以上、多い時は400mlくらいおっぱいが出ていることが分かりました。


こうして、実際に自分のおっぱいからお乳が出ているのを目で見て確認できたので、かなり自分のお乳の出には自信がつきました。

そして、夫もようやくミルクを勧めてくることが無くなりました。

 

おっぱいの出を良くするためのお助け飲料「たんぽぽ茶」

 最後に、私がお乳の出を良くするために、毎日かならず飲んでいたものをご紹介します。

それは「たんぽぽ茶」です。

たんぽぽ茶にはお乳の分泌を良くする効果があります。
また、乳腺炎になるのも防いでくれるそうです。
(実際、私は乳腺炎になったことが一度もありません。)

たんぽぽ茶と聞くと、不味いイメージがあるかもしれませんが、私が飲んでいた山本漢方のこの↓たんぽぽ茶は麦茶みたいな味で、まったくクセがなく飲みやすかったです。

山本漢方製薬 たんぽぽ茶 12gX16H

山本漢方製薬 たんぽぽ茶 12gX16H

 

やかんに2リットルほど水を入れて沸かして、そこにたんぽぽ茶の茶パックを1つ放り込むだけ!
(※茶パックはそのまま浸けておいても渋くなったりしません。
ただし、茶パックを入れて湯を沸かした場合は、そのまま放っておくと渋みが出ますので茶パックを取り出してください。)

そして、1日かけて2リットル全部飲む!それだけです。

「2リットル飲む」と書くと大変そうに感じるかもしれませんが、実際には全く苦もなく、特に意識することもなく、気が付いたらやかんが空になっていた、という毎日でした。

先ほども書きましたが、本当に麦茶みたいな味なので、食事にも合いますし、のどが渇いたときもグビグビ飲めるのでおすすめです。


一つ注意していただきたいのは、同じ山本漢方からたんぽぽ茶は2種類販売されているのですが、↓こちらの「タンポポ茶100%」はクセが強く、私には飲めませんでした。 

山本漢方製薬 タンポポ茶100% 2gX20H

山本漢方製薬 タンポポ茶100% 2gX20H

 

 もし、お買い物される際には、「タンポポ茶100%(カタカナ)」ではなく、「たんぽぽ茶(ひらがな)」の方を買うことを強くおすすめします。

こっちです↓

山本漢方製薬 たんぽぽ茶 12gX16H

山本漢方製薬 たんぽぽ茶 12gX16H

 

 

スポンサーリンク
 

 

まとめ―おっぱいは赤ちゃんが吸えば吸うほど出るようになる

以上、ここまでで私のおっぱいの出に関する不安を解消する3つの方法をご紹介してきました。

  • 生後1~3ヵ月目で、おっぱいがちゃんと出ているのか不安

  • 赤ちゃんがおっぱいをちゃんと飲めているか心配。

  • ミルクをどれだけ足したら良いのか分からない。

 ↑のように、母乳育児で頑張りたいのに、不安がつきまとって仕方がない!とお困りのお母さまは、↓こちらの3つの方法(いずれか、またはいくつか)をぜひお試しください。

  1. 授乳の前と後で赤ちゃんの重さをベビースケールで計って、おっぱいを飲んだ量を計る。

  2. 搾乳器で、おっぱいがどれだけ出るか目盛で計る。

  3. 毎日2リットルほどタンポポ茶を飲む。

私のおすすめのベビースケールはこちら↓ 

 おすすめの搾乳機はこちら↓

メデラ 搾乳器 手動 ハーモニー Harmony 150ml 005.2058

メデラ 搾乳器 手動 ハーモニー Harmony 150ml 005.2058

 

おすすめのたんぽぽ茶はこちらです↓

山本漢方製薬 たんぽぽ茶 12gX16H

山本漢方製薬 たんぽぽ茶 12gX16H

 


赤ちゃんが生後 3ヶ月を過ぎる頃には、きっとおっぱいの出も安定してくると思います。

 

忘れないでいただきたいのは、おっぱいは「赤ちゃんが吸えば吸うほど、お乳の出る量が増える」ということです。

病院で頻回授乳や長時間授乳(20分以上の授乳)を注意されたことがあるかも知れませんが、
完全母乳育児をしたいのであれば、そんなものは無視してオッケーだと思います。
(↑あくまで個人的な意見ですが)


たしかに、頻回授乳や長時間授乳(20分以上の授乳)は母親にとって負担です。しんどいです。乳首も傷みやすくなります。

でも、やってはいけないというわけではありません


おっぱいは空になることで、さらにもっとたくさんお乳を作りだそうとする仕組みになっています。

ですので、何回もお乳をあげたり、長い時間かけてでもおっぱい中のお乳を飲み干すことは、おっぱいのお乳生産量をアップさせるために重要なことなのです。

完全母乳育児は正直言って大変です。苦労します。

簡単に人にすすめられるものでは無いと思います。

卒乳も、ミルクで育った子や混合で育った子に比べて遅い傾向があるように思いますし。【卒乳で苦労した話】はこちら↓

www.ikuji-research-blog.com


でも、子どもが成長したときに、「やっぱりおっぱいで育ててあげれば良かった…」と後悔する日がくるかもしれない、それは「嫌だ」と思ったので、私は完全母乳育児を頑張ることができました。

たとえ、お乳だろうと、ミルクだろうと、できるだけ後から後悔しない子育てライフを送っていきたいものです。

私もこれからも頑張ろう…!

 

さて、今回の記事はいかがでしたでしょうか?ご参考になればうれしいです。
これからも、育児に関する悩みや解決方法などの記事を書いていきます。

読者登録していただければ、更新の励みになりますので、よろしくお願いします。

 

  

スポンサーリンク
 

 

 

スポンサーリンク